「明日の学力」診断とは?

「思考力・判断力・表現力」を見える化した
最新の学力診断です。

グローバル化や技術進歩が加速するなか、
今の小・中学生には将来役立つ力として

  • 思考力
  • 判断力
  • 表現力

などが必要といわれています。

大切なのは、それらの必要な力が
「今、どの程度ついているのか」、そして
「これから、どう伸ばすのか」を知る事です。

「明日の学力」診断 3つの特長

  • zoom_in
    1.入試にもつながる新傾向問題
    ・正解が一つではない問題を出題
    ・教科にとらわれない問題を出題
  • zoom_in
    2.アドバイスつきの添削型採点
    足りない部分や間違えている部分に丁寧なアドバイスがついて、次の学びや、やる気にもつながります。
  • zoom_in
    3.詳細な成績表と、
     次につながる学習アドバイス

    知識、思考力・表現力・判断力および学習方略がわかります。
    ・学びへの意欲
    ・学習方法
    ・学習習慣
    ・自己評価

「明日の学力」とは?

 情報機器やインターネットなどが発達して知りたいことを容易に知ることができるいま、子どもたちに求められる学力は知識の多さだけではなくなりました。

 これからは知識だけでなく、新しい事柄・課題に対して自分なりに考え、解決していこうとする意欲(学ぼうとする力)と、いま持っている知識を活用して解決の方法を考えて実行する力 (学ぶ力)、そして新しく獲得した知識(学んだ力)の3つの力が必要になります。この3つの力を「明日の学力」と定義しました。

 「明日の学力」は全教科の学力を基礎づける力であるため、「明日の学力」を伸ばすことで、苦手な科目を克服し得意な科目をさらに伸ばすことが期待されます。

3つの力=「明日の学力」

 「学ぼうとする力・学ぶ力・学んだ力」の3つの力を診断することで、これからの指針となるものが求められます。これができるのが、「明日の学力」診断です。苦手な科目を克服し、得意な科目をさらに伸ばすことが期待されます。

「明日の学力」診断 導入のメリット

  • 「明日の学力」診断は、新しい学力観に適応したアセスメントです。新しい教育を常に意識している塾であることをアピールできることはもとより、学力の土台となる考え方を見える化し、学力UPの学びにつなげられます。
  • 「思考力・判断力・表現力」と「学習習慣・学習方法・自己評価」を診断します。偏差値や通常の学力テストからでは、表出しない、生徒を褒める材料となります。生徒のモチベーションもあがり、また保護者面談などを通じて、顧客満足度もあがります。
  • 「明日の学力」診断で出題される、答が一つではない最適解を求める記述問題は、これからの社会、入試で必要な力を測ることができます。

「明日の学力」診断実施の流れ

【事前指導】予習プリント活用

【予習プリント】を用いて事前指導

※初めて受検する生徒に、「正解が一つではない問題」への対応ができます。

<実施例>

  • ・【連絡事項】「あすがく」の告知等で、予習プリントを配付、ミニ授業を実施。
    ・【授業前後】プラスαとしてミニ授業実施。
           宿題として配付して、授業前にコミュニケーション。

実施

受検前に生徒に声掛け

<実施例>

  • ①集団授業の1コマをテストとして実施。残りの時間で解説授業。
    授業後に「学ぼうとする力」調査を実施。(年間テスト費の中に組み込み実施)
  • ②個別指導の授業前後で実施。
    もしくは別の曜日に呼び出して実施、テスト後にコミュニケーション。
  • ③テストイベントとして実施。塾内テストのプラスαとして追加実施。

「あすがく」受検後の流れ

  • ①成績表で、強み・弱みが何かを知る
  • ②添削答案・解説動画を確認
  • ③振り返りシートを活用し、次の学習につなげる

「あすがく」をより活用して、子どもの学習方略(習慣・手段・意欲・評価など)を改善して、学力を伸ばすためのツール(解説動画・振り返りシート)の活用などを解説します。
レジュメはこちらから

フォローアップ
①「あすがく」講座の実施
知識・思考力・判断力・表現力の考え方を指導

受検前に生徒に声掛け

<実施例>

  • ①解説授業映像視聴をスケジューリングして、視聴後に表現問題のみ解きなおし提出。
  • ②解説授業を別日に補講として実施。
    【思考力・判断力・表現力を鍛える「あすがく」講座】の設定をするなど。
  • ③解説授業映像・講座をセットにして、「あすがく」受検を推奨。

フォローアップ
②保護者面談と生徒個別対応
児童・生徒の項目テストとは別観点の状況と学習方略アドバイスで成績向上を!

受検前に生徒に声掛け

<実施例>

  • ①帳票を生徒各自(低学年は保護者)にしっかりみてもらうために、
    振り返りシート】を記入させながら、次回までの目標を起票。
    それを元にコミュニケーション。もしくは講師と一緒に作成。
  • ②成績表や振り返りシートを用いて、保護者や生徒とコミュニケーション。
    学習目標などを共有。

【振り返りシート活用法】
目標をもって継続的な学習やアドバイスをするきっかけとするために「振り返りシート」を活用ください。「成績表」を自らシッカリみるようになったなどの効果もあります。

【面談例】
「あすがく」の成績表において、特に見てほしいところをクローズアップして説明し、保護者、生徒とともに、学力アップを図っていきます。

フォローアップ
③事後教材
「思考力・判断力・表現力」アップのフォロー授業を開講

受検前に生徒に声掛け

「あすがく」の結果資料を参考に、弱点補強の特別授業を開講するのはどうでしょうか

  • ・『あすがくワークシート』(小学生・中学生)
     小学中学年用、高学年用、中学1、2年用の3冊がラインナップ。
    この冊子を利用すれば、正解がひとつではない問題への取り組み方を指導できます。
    概要はこちら

    ※見本(無料)ご希望の方は、NEA事務局までお気軽にご連絡ください。
    (価格:A4カラー 24p 440円)
  • ・『FUTURE』(小学校高学年~高校生)
     実社会、実生活の課題をテーマにした探究学習型のアクティブラーニング教材です。
    協働学習を通して、思考力・判断力・表現力を養います。国語の教材としての活用もおすすめです。
    FUTURE(リンク先)

    ※詳細説明、見本等のご希望の方は、NEA事務局までお気軽にご連絡ください。
  • ・『思考探究ゼミ』(小学校中学年~高学年)
     正解がひとつではない問いについて考え、自分の意見を発信する力を育てる教材。
    授業部分はすべて映像が用意されているので、ファシリテートするだけでアクティブラーニングの授業を開講できます。
    思考探求ゼミ(リンク先)

    ※詳細説明、トライアルプラン等、ご希望の方は、NEA事務局までお気軽にご連絡ください。
  • ・「ADR100」および振り返りシート
     毎回の授業の振り返りと表現力育成、自分の学びの振り返りに活用できます。
    自立学習と効果的が学習方略の設定・実行で、学力向上を図れます。
    シートのデータはこちら

「明日の学力」診断 充実のサポート

  • 解説授業動画
    【解説授業動画】
    設問ごとにコンパクトに解説。
    必要なところだけ視聴できます。
  • 【予習プリント】
    初めて解く問題で驚かないよう事前に体験してもらえます。
  • 【振り返りシート】
    学びの健康診断の名のとおり、自己分析して、次の「あすがく」までの目標設定ができます。

あすがく 導入教室事例

あすがくを導入している学習塾に導入した経緯や活用方法などのインタビューをおこないました。
インタビュー実施塾:わかば教育セミナー様(兵庫県)アルカディア数学教室様(大阪府)円山アカデミー様(北海道)

あすがく導入塾のインタビューの様子や、あすがくを実施している株式会社文理様が塾雑誌で紹介されました。
動画では収録されていない話も掲載されています。動画とあわせて是非ご覧ください。

塾ジャーナル2021年9月号(わかば教育セミナー様)
塾ジャーナル2021年9月号
(わかば教育セミナー様)
塾と教育2021年9月号(株式会社文理様)
塾と教育2021年9月号
(株式会社文理様)
月刊私塾界2021年10月号(アルカディア数学教室様)
月刊私塾界2021年10月号
(アルカディア数学教室様)
塾と教育2021年10月号(円山アカデミー様)
塾と教育2021年10月号
(円山アカデミー様)

あすがく 実施要項

2021年度「明日の学力」診断実施要項(春/秋)

対象学年 小学1年生~中学2年生
実施推奨日 【春】前半6月13日(日) 後半7月11日(日) 【秋】前半11月14日(日) 後半12月5日(日)
事前実施可能期間 【春】前半5月29日(土)~6月12日(土) 後半7月3日(土)~7月10日(土) 【秋】前半10月30日(土)~11月13日(土) 後半11月27日(土)~12月4日(土)
実施調査 「学ぶ力・学んだ力」調査 および 「学ぼうとする力」調査
実施時間 「学ぶ力・学んだ力」調査:小1~4…40分 小5・6…50分 中1・2…60分 「学ぼうとする力」調査:15分
申込期間 【春】前半4月26日(月)~5月30日(日) 後半5月31日(月)~6月20日(日) 【秋】前半10月4日(月)~10月28日(木) 後半10月29日(金)~11月11日(木)
注文方法 WEBにて承ります。【事前名簿(受検者)登録が必要です。】

あすがく Q&A

Q「あすがく」は、どのようなアセスメントですか。
A「あすがく」は、新しい学力観に基づいた「思考力・判断力・表現力」や、「学習への意欲」などを測るアセスメントです。 社会が変化するスピードがどんどん速くなっている今、世の中や身の回りの問題・課題について「自分だったらどうするか」が求められ、情報や他の人の考えなどをもとに考え、「じゃあこうしよう!」と自分なりの解決策を見出していくことができる力、すなわち、問題を発見し、解決するための「思考力・判断力・表現力」が求められてきています。新しい学習指導要領や2021年からスタートした大学入学共通テスト、そして高校入試でも「思考力・判断力・表現力」が重視されています。 「あすがく」は、この「思考力・判断力・表現力」がどれくらい身についているかを診断し、今後さらに力を伸ばすために、どのように日々の学習に取り組んでいけばいいかをアドバイスします。これからの時代の子どもたちに必要不可欠なアセスメントです。
Q受検した生徒に、どのようなメリットがありますか。
A現時点での「思考力・判断力・表現力」の把握ができ、今後の学習指針がわかります。 「明日の学力」を伸ばすことで苦手科目の克服、得意教科のさらなる飛躍につなげます。
Q学習塾にとって、どのようなメリットがありますか。
A「あすがく」を採用していることは、世の中の新しい動きに敏感で、新しい教育を常に意識している学習塾であることを保護者や生徒にアピールできます。 また、具体的には以下のメリットがあります。
  • 「思考力・判断力・表現力」の向上につながるため、合格者実績が向上します。
  • ていねいに「思考力・判断力・表現力」を診断し、学習習慣・学習方法・自己評価などを合わせて診断します。
  • 従来型の教科テストからは判断できない能力を見える化するため、ほめるべきポイントがよくわかります。
  • ていねいな分析を活用することで充実した指導が可能になるため、退塾防止につながります。
  • 最適解を求める記述問題が多く、学力トップ層の鍛え上げが可能です。
  • 詳しい分析資料により、保護者とのコミュニケーションが促進されます。
  • 「あすがく」の成績表を上手に活用することで、経験の浅い講師でも効果的な指導が可能になります。
その他の質問はこちら chevron_right

※2021年度「秋」の申込は終了しました。